Top > 雇用契約書がないときの対処法

雇用契約書がないときの対処法

雇用契約書は、雇用側が必ず用意しなければならないとされている、従業員の労働条件などが明記されている契約書です。これが無いというのであれば、違法だということですので、必ず書面を準備して欲しいと申し出ましょう。それでも用意してくれない場合には、会社を辞めるというのも一つの方法です。後々大きなトラブルになる前に、雇用の解約を申し出ましょう。このような場合、14日前に通知すれば問題なく辞職することが可能です。

雇用契約書のテンプレート販売

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
雇用契約書がないときの対処法(2019年7月27日)
必死で戦っていた男の話(2019年6月10日)
ピッタシなダイエット(2018年8月 6日)
白熱ライブビビットでも紹介された美容鍼(2018年7月23日)
食料品を適応しよう(2018年5月25日)